知識教養・教育文化

  • 『子供のココロを育てるコミュニケーション術』 岩崎由純 (東邦出版)
  • 『怒る!日本文化論』 パオロ・マッツァリーノ (技術評論社)
  • 『「昔はよかった」病』 パオロ・マッツァリーノ (新潮社)
  • 『一流選手の親はどこが違うのか』 杉山芙沙子 (新潮社)
  • 『我が子の潜在力を開花させるスポーツ子育て論』 遠山健太 (アスキー新書)
  • 『INEMURI 世界が認めたニッポンの居眠り』 ブリギッテ・シテーガ (阪急コミニュケーションズ)
  • 『名づけの民俗学』 田中宣一 (吉川弘文館)
  • 『多文化であることとは』 宮島喬 (岩波現代全書)
  • 『江戸しぐさの正体』 原田実 (星海社新書)
  • 『子どもたちの未来を考えてみた』 乙竹洋匡 (PHP研究所)
  • 『日本の昔話』 柳田国男 (新潮文庫)
  • 『遠野物語』 柳田国男 (角川ソフィア文庫)
  • 『先生はえらい』 内田樹 (ちくまプリマー新書)
  • 『カフェと日本人』 高井尚之 (講談社現代新書)
  • 『ドーナツを穴だけ残して食べる方法~越境する学問 穴からのぞく大学講義~』 大阪大学ショセキカプロジェクト (大阪大学出版会)
  • 『スポーツで子供は変わる! 修造本気塾』 松岡修造 (双葉社)
  • 『文系の壁 理系の対話で人間社会をとらえ直す』 養老孟司 (PHP新書)
  • 『キラキラネームの大研究』 伊東ひとみ (新潮社)
  • 『小林カツ代と栗原はるみ 料理研究家とその時代』 阿古真理 (新潮社)
  • 『子どもの教養の育て方』 佐藤優・井戸まさえ (東洋経済新報社)
  • 『知の操縦法』 佐藤優 (平凡社)
  • 『世界のしゃがみ方 和式/洋式トイレの謎を探る』 ヨコタ村上孝之 (平凡社)
  • 『山村留学~生まれ変わる子供 親 村~』 青木孝安 (農文協)
  • 『語彙力こそが教養である』 齋藤孝 (角川新書)
  • 『おいしい数学 ~証明の味はパイの味~』 ジム・ヘンリー、水原文訳 (岩波書店)
  • 『理科系の作文技術』 木下是雄 (中公新書) 
  • 『いかにして問題を解くか 実践活用編』 芳沢光雄 (丸善出版)
  • 『体感する数学』 竹内薫 (エンターブレイン) 
  • 数学×思考=ざっくりと いかにして問題をとくか 竹内薫 (丸善出版)
  • 『算数的思考法』 坪田耕三 (岩波新書)
  • 『辞書から消えたことわざ』 時田昌瑞 (角川SSC新書)
  • 『サバイバル英文法 「読み解く力を呼び覚ます」』 関正生 (NHK出版新書)
  • 『うめ版 新明解国語辞典×梅佳代』 梅佳代 (三省堂)
  • 『センス・オブ・ワンダーを探して』 福岡伸一・阿川佐和子 (大和書房)
  • 『日本語教室』 井上ひさし (新潮社)
  • 『読書からはじまる』 長田弘 (日本放送出版協会)
  • 『祖国とは国語』 藤原正彦 (新潮文庫)
  • 『身体の知恵』 齋藤孝 (大和書房)
  • 『不適切な日本語』 梶原しげる (新潮新書)
  • 『書く力 ~私たちはこうして文章を磨いた~』 池上彰・竹内政明 (朝日新書)
  • 『考えるマナー』 中央公論新社編 (中公文庫)
  • 『マナーの正体』 中央公論新社編 (中央公論新社)
  • 『小さき生きものたちの国で』 中村桂子 (青土社)
  • 『イスとイヌの見分け方』 きたやまようこ (理論社)
  • 『りっぱな犬になる方法』 きたやまようこ (理論社)
  • 『おとなの小論文教室。』 山田ズーニー (河出書房新社)
  • 『伝わる・揺さぶる!文章を書く』 山田ズーニー (PHP新書)
  • 『日本人が「使いすぎる」英語』 デイビット・セイン (PHP文庫)
  • 『読みたい心に火をつけろ! ~学校図書館大活用術~』 木下通子 (岩波ジュニア新書)