ハチミツとコーヒーのマリアージュ

◎スロベニアはハチミツ作りの伝統国家

 

 スロベニアは約200万の人口のうち8000名が養蜂をしている大養蜂国家で、ハチミツはスロベニア人の生活には欠かせないものです。

18世紀にはスロベニア人アントン・ヤンシャがオーストリア帝国大公妃のマリア・テレジアの命で養蜂の指導書を記し、それが近代養蜂技術の元となりました。彼の誕生日5月20日は現在、世界ミツバチの日(World Bee Day)として祝われています。

 

 スロベニアには度々レースで訪れていますが、新鮮で濃厚、そして最高の美味しさを持つハチミツを日本にも紹介したいと思っていたところ、1軒の養蜂家の方が協力してくれることとなりました。

 

 ハチミツはパンや紅茶・コーヒーなどによく合いますし、抗菌作用があるため、毎日出かける前と寝る前にティースプーン1すくいずつ舐めることで、健康管理と虫歯予防にもつながります。また、ハチミツの種類ごとに味も色も特徴も異なりますので是非、お気に入りの味と楽しみ方を見つけてください。

 

 

◎なぜ、スロベニア

 

 2012年より毎年マウンテンランニングのW杯に参戦するためにスロベニアへ渡航しています。レースはタフですがギャラリーの応援は力強く、

緑と水が豊かでアウトドアスポーツを親しむには最高のロケーション。人々も皆とても親切ですし、そば粉を始め日本人に馴染みのある食材も

あり、料理は繊細な味付けで日本人好みであるなど、沢山のスロベニアの魅力に触れ、スロベニアの大ファンになりました。毎年温かく出迎えて

くださる現地の皆さんの好意もあって、スロベニアは僕の第2のホームです。しかし、日本では残念ながらスロベニア についてまだまだ知らない

方が沢山います。そこで、紀行文や在スロベニア 日本大使館への寄稿などを通じてスロベニアについて多様な情報を発信しています。

 

 スロベニア産のハチミツをきっかけに一人でも多くの方にスロベニアについて興味を持っていただけたら幸いです。また、以下のリンクから僕のスロベニアでの経験をもとにした旅の情報や現地の様子を知っていただくことが出来ますので、合わせてお読みください。

 

マウンテンランナー・トレイルランナー宮地藤雄

 

【スロベニアに対する旅の記録】

スロベニア紀行

マンスリースロベニア


【オンラインストアお振込先】 *下記いずれかにお願いしたします。

・ゆうちょ銀行(銀行から) 店名・店番028 普通口座 8856857 FUJIO PROJECT(フジオプロジェクト)

・ゆうちょ銀行(ゆうちょから) 記号10270 普通口座 88568571 FUJIO PROJECT(フジオプロジェクト)

・みずほ銀行 祖師谷支店 普通口座 1033005   宮地藤雄(みやちふじお)


「ハチミツとコーヒーのマリアージュ」

FUJIO PROJECT × ヤマノバコーヒー スロベニアmeetsネパール 
「ハチミツとコーヒーのマリアージュ」

<セット内容>
スロベニア産ハチミツ(リンデン)
原材料:ハチミツ(スロベニア産)
内容量:270g 
注意:1歳未満の乳児には与えないでください。

ネパール産コーヒー「ナマステヒマラヤ」
原材料:コーヒー豆(ネパール産)
内容量:150g 
注意:ご注文の際、「焙煎豆」か「焙煎豆を挽いた粉」かをお選びください。

価格:4,600円(税別/送料別)
送料:770円

※納期について:食品ロス防止の観点から、ご注文月の月末にその月にオーダーいただいたすべてのお客様のオーダーをまとめて、コーヒーを焙煎します。お届けは、ご注文月の翌月末〜翌々月頭になります。

----------------------------------------------------------------------------------------
新型コロナの影響で多くの時間をインドアで過ごされている中、ホッと一息なおうちカフェタイムに美味しいハチミツとコーヒーのセット販売をスタートしました。

旧知の仲間であり、ヤマノバコーヒーの仕掛け人である山本喜昭さんとのコラボ企画です。

スロベニアにマウンテンランニングのレース遠征で毎年訪れる僕が現地で惚れ込み、取り扱いをスタートしたハチミツ。
今回セットとなるのはその中でもネパールコーヒーによく合うのでのリンデン(菩提樹)のハチミツを選びました。

リンデンはリパと呼ばれ、スロベニアの国の木として大切にされています。

この木の下に集まり会議をしたりパーティをしたりと、スロベニアの人々の生活にとって欠かせないものなのです。

リンデンから採れたハチミツは風邪の克服や気管支炎、喘息、不眠症対策として親しまれています。

また、他のハチミツに比べ結晶化が早いのも特徴です。
(*結晶化は鮮度の良い証拠で品質に問題はありません。)

パンはもちろん、コーヒーや紅茶、ミルクを始め様々な飲み物に合います。

ちなみに、スロベニアは約200万の人口のうち8000名が養蜂をしている大養蜂国家で、ハチミツはスロベニア人の生活には欠かせないものです。

18世紀にはスロベニア人アントン・ヤンシャがオーストリア帝国大公妃のマリア・テレジアの命で養蜂の指導書を記し、それが近代養蜂技術の元となりました。
彼の誕生日5月20日は現在、世界ミツバチの日(World Bee Day)として祝われています。


新鮮で濃厚、そして最高の美味しさを持つハチミツを日本にも紹介したいと思っていたところ、1軒の養蜂家の方が協力してくれることとなり輸入をスタート。

「第二の故郷スロベニアをもっと日本に知ってもらおう」

このハチミツには僕の熱い想いがこめられています。


ネパール産のコーヒー「ナマステヒマラヤ」は、アウトドアレーベルYAMANOVAのコーピーブランド「ヤマノバコーヒー」が輸入販売しているコーヒーです。

開発で森林伐採されたヒマラヤ山麓にある荒地に、一から植林して森を復活、アグロフォレストリーという森林農法で無農薬、無化学肥料で丁寧に栽培されています。
すべて自家採種で森の他の木々や植物と一緒に循環農法で育ちます。

農園で働くのは、周辺の村々に住む女性たち。誘拐や人身売買などの人権侵害から助け出された人たちも含まれ、女性の雇用を生み出しています。
収穫、精製、天日干し、不良豆や石などのピッキングなどの行程のほぼすべてが彼女たちの手作業で行われています。

また様々な植物や樹木と一緒に育てる森林農法により、土地の土壌は改善され、森にはこれまで近隣から消えていた動物や鳥たちが戻ってきました。

もともと生産量が少なくて希少性の高いこの農園のコーヒーは、アメリカとヨーロッパのオーガニック認証も受けています。

肝心のお味は野性味もありつつ、まろやかでコクのある苦味とほのかな甘みがして後味もスッキリと評判です。焙煎はダークローストになります。
ローストは日本でフェアトレードとオーガニックなコーヒーを専門に焙煎されているスローコーヒーさんに丁寧に焙煎してもらっています。

このコーヒーをアウトドアや自然を愛する日本のみなさんに広め、人と人、自然と人、ネパールと日本がつながるきっかけにしたいと思っています。

さらに今回のハチミツとのコラボでスロベニアともつながれば幸いです。

コーヒーとハチミツは相性抜群、ミルクと一緒にコーヒーにハチミツを入れると抜群に美味しいですし、
朝食にコーヒーとハチミツトーストなんかも乙ですね。

ハチミツを使ったハンドメイドのお菓子とコーヒーでデザートタイムを満喫なんかも最高のマリアージュ!

あ、ちなみにハチミツのリンデンの花言葉は「夫婦愛」だそうです。
そんなところも、マリアージュにぴったりですね。

ご自宅用に、贈り物にどうぞ、お楽しみください。


【YAMANOVAとは?】を参考までに。
2016年にスタートしたアウトドアレーベル。
便利な毎日のなかで忘れかけている、誰もが本来もっている「生きるチカラ」。
自然とつながり、自然を身近に感じることで大切なチカラを取り戻す。自らの意志で自らハンドルを握り、人生を進んでいく。
そんな生き方を、映像やイベントとコーヒーを通して提案しています。

¥4,600

  • 在庫あり
  • お届け日数:5~8日