美味しいもの(Foods)

スロヴェニアの名物・伝統料理をはじめ、僕が滞在時に美味しいと思った食べ物・飲み物を紹介します。

リュブリャナ風カツレツ

 

 

カツレツにハムとチーズを挟んだもの。

塩味が付いていてお好みでレモンを絞っていただく。

シンプルだけど、美味しくてボリュームもたっぷり。

コンソメスープ

 

 

細かく刻んだヌードルの入ったコンソメスープ。

味付けがとても優しいので移動などで疲れている時でも安心して食べることが

出来ます。お店によって細かく刻んだ野菜やお肉が入っていることも。

グラーシュ

 

野菜やお肉を煮込んでつくるシチューのような料理。

味もしっかり品目も取れるので便利だし癖がなので誰でも美味しく食べられるはず。ポレンタやパンをつけて食べることが多い。

写真はレースの後のランチでグラーシュにポレンタも一緒に盛り付けてある。

 

ポレンタ

 

とうもろこしを乾燥させてひいたもの。それを適量の水を入れ煮込むと出来上がり。

言うは易く行うは難しで、僕も買って帰って試してみたが、煮詰めようとすると鍋にあたって焦げてしまう。なので自分で作ると水気が残るのが難点。パンやライスと同じ位置付けでこれとおかずを食べるというのが定番の食べ方のとのこと。

ブレッドクリームケーキ

 

 

スロヴェニア各地で食べられるが、ブレッド湖畔のものがぶっちぎりで美味しいです。

ともかく、別物。このクリームケーキは本当に美味しい。断固、ブレッド湖畔でチャレンジしてください。これを食べるためにブレッドを再訪したくなるはずです。

 

アイスクリーム

 

 

スロヴェニア名物というわけではないですが、ヨーロッパの人はみんなアイスクリームが大好き。

10月頃に訪れて気温が1桁でも平気でみんな食べている。先日もレース後のランチでパスタと一緒

アイスクリームが出てきました。みんなとても美味しそうに食べるのでこちらまで嬉しくなり

ます。 

 

 

 

スロヴェニアンドーナツ

 

周りは砂糖、中にはフルーツジャム(味のバリエーションがあるよう)の入った

この形がスロヴェニアでは定番なのだとか。

値段も安いし食べ歩きなどにも便利。

パン屋などにありますが比較的早い時間に売り切れる商品の1つだそうです。

プレクムルスカ・ギヴァニツァ

 

左がスロベニア東端のハンガリーに面したプレクムリエ地方の伝統ケーキ。

ポピーシード、カッテージチーズ、りんご、ウォルナッツなどが入っている。

シュトゥルーデ(シュトゥルークリとも)

 

オーストリアの定番料理の一つで小麦粉生地にフルーツを入れ、オーブンで焼く。

茹でて調理をしたり、中の具を変えたり、各家庭ごとに様々なアレンジがある様子。

僕がいただいたのでチェリーをメインの具にしたもので手前がクレープ生地のように薄い生地に巻いて作ったもの。奥はオーブンでしっかり焼いたもの。ちなみにこれは卵をつなぎに入れていないで作っているとのこと。

シュトゥルーデ(シュトゥルークリとも)

 

上の写真はデザートとして作ったもの。

中の具をチーズやベーコン、野菜にして塩味にすればおかずに返信。

ベースの作り方は一緒なので何を入れるかでかなりのバリエーション料理を作ることが出来る。シンプルでとても美味しい。

 

スープ

 

これはワイルドガーリックをペーストにして煮込んだスープ。

癖の強いものが少なく、胃が落ち着くのでこちらの食卓ではスープは欠かせません。

スープ、サラダとメインと食べることでたくさんの品目を摂ることができます。

ただし、外食で一人旅だと3品頼むと大抵食べきれないのが悩み。

前述のコンソメスープやキノコのスープなど具沢山のものも多いので外食の際は

バランスを考えながら注文します。

今回(2017年6月の旅)はホームステイだったので適量をバランスよく食べることが

できたのでとても助かりました。

スモーク(prekajeno)

 

燻製のペーストでパンなどにつけて食べました。

癖もなくてとても美味しい!

これはボーヒン地方で作られたもの。

ビール(Pivo)

 

スロヴェニアのビールと言え龍がシンボルのUnionかヤギがシンボルのRasko。

この2つが定番です。

山小屋やカフェなどはたまたまかもしれませんがUnionが多い印象。

これは定番のタイプです。

ビール(Pivo)

 

 

ビールにフレーバーを加えたもの。これはグレープフルーツだったかな?

飲みやすい印象です。

 

ビール(Pivo)

 

 

ノンアルコールビールもあります。

写真にはないですがアルコールが2%ほどの弱いビールも。

カラッとして暑いのでビールが進むそうです。