スポーツ・トレーニング

  • 『ようこそ障害者スポーツへ〜パラリンピックを目指すアスリートたち〜』 伊藤和子 (廣済堂出版)
  • 争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール』 木村元彦 (集英社インターナショナル)
  • 『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』 スコット・ジュレク (NHK出版)
  • 『挫折を愛する』 松岡修造 (角川書店)
  • 『応援する力』 松岡修造 (朝日新書)
  • 42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」VS「かかと着地」』 NHKスペシャル取材班 (角川書店)
  • 日本人アスリート名語録 世界が驚嘆した「サムライ・なでしこ」の言葉185』 桑原晃弥 (PHP文庫)
  • 『ケニア!彼らはなぜ速いのか』 忠鉢信一 (文芸春秋)
  • 『弱くても勝てます 開成高校野球部のセオリー』 高橋秀実 (新潮社)
  • 『ウルトラマラソンマン』 ディーン・カーナゼス (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
  • 『カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢』 山中俊治 (白水社)
  • 『采配』 落合博満 (ダイヤモンド社)
  • 『時速250kmのシャトルが見える~トップアスリート16人の身体論~』 佐々木正人 (光文社)
  • サッカー代理人 世界を飛ぶ移籍交渉の舞台裏』 ロベルト佃 (日本文芸社)
  • 『駅伝がマラソンをダメにした』 生島淳 (光文社)
  • 『箱根駅伝 新ブランド校の時代』 生島淳 (幻冬舎)
  • アマチュアスポーツも金次第』 生島淳 (朝日新書)
  • ナンバのコーチング論 次元の違う「速さ」を獲得する』 織田淳太郎 (光文社)
  • ナンバの身体論 身体が喜ぶ動きを探求する』 矢野龍彦・金田伸夫・長谷川智・古谷一郎 (光文社)
  • ナンバ走り 古武術の動きを実践する』 矢野龍彦・金田伸夫・織田淳太郎  (光文社)
  • 『脳を鍛える筋トレ〜PNFとはなにか〜』 市川繁之・鈴木克憲・織田淳太郎 (光文社)
  • 『サッカーファンタジスタの科学』 浅井武監修 (光文社)
  • 『日本人の足を速くする』 為末大 (新潮新書)
  • 『子供の足をすぐに速くする!』 為末大 (扶桑社)
  • 『勝負脳の鍛え方』 林成之 (講談社現代新書)
  • 『毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる!』 吉岡利貢 (ソフトバンク新書)
  • 『マラソンはネガティブスプリットで30分速くなる!』 吉岡利貢 (ソフトバンク新書)
  • 『サッカーという名の戦争〜日本代表、外交交渉の裏舞台〜』 平田竹男 (新潮文庫)
  • 『復活から常勝へ〜早稲田大学駅伝チームの自ら育つ力〜』 渡辺康幸 (新潮文庫)
  • 『走ることについて語るときに僕の語ること』 村上春樹 (文春文庫)
  • 『たったひとりのワールドカップ〜三浦知良1700日の戦い〜』  一志治夫 (幻冬舎)
  • 『中田語録』 中田英寿・小松成美 (文春文庫)
  • 『青の肖像』 小松成美 (文春文庫)
  • 『ジョカトーレ』 小松成美 (文春文庫)
  • 『なぜあの時あきらめなかったのか』 小松成美 (PHP新書)
  • 『中田英寿 誇り 小松成美 (幻冬社)
  • 『トップアスリート 小松成美 (扶桑社)
  • 『夢はかなう』 高橋尚子 (幻冬舎)
  • 『へこたれるもんか』 小出義雄 (幻冬舎)
  • 『都市対抗野球に明日はあるか』 横尾弘一 (ダイヤモンド社)
  • 『アメリカでプロになる!』 根本真吾 (彩流社)
  • 『プロフィール 〜アスリート・ビジネス父子の決断〜』 増田晶文 (講談社)
  • 『勝負は試合の前についている!』 鈴木友也 (日経BP社)
  • 『僕がバナナを売って算数ドリルをつくるワケ』 天野春果 (小学館)
  • 『スキー上達に効く!知識のサプリメント 〜解ターンの仕組み編〜』 藤井徳明 (スキージャーナル)
  • 『スキー上達に効く!知識のサプリメント 〜快スキーライフのすすめ編〜』藤井徳明 (スキージャーナル)
  • 『身体感覚を取り戻す 〜腰・ハラ文化の再生〜』 齋藤孝 (NHKブックス)
  • 『世界最小セッター竹下佳江 短所を武器とせよ』 吉井妙子 (新潮社)
  • 『どん底から世界一』 浅野重人 (株式会社エベイユ)
  • 『心を整える。〜勝利をたぐり寄せるための56の習慣〜』 長谷部誠 (幻冬舎)
  • 『ベストパフォーマンスを引き出す方法』 室伏広治、咲花正弥 (ベースボールマガジン社)
  • 『クリーンアスリートを目指して2012陸上競技者のためのドーッピング防止ハンドブック』日本陸上競技連盟
  • 『A RUNNERS GUIDE  TO O`AHU』 Richard V.Varley
  • 『スポーツインテリジェンス』 和久貴洋 (NHK出版新書)
  • 『合気道とラグビーを貫くもの〜次世代の身体論〜』 内田樹・平尾剛 (朝日新書)
  • 『下町ボブスレー~東京・大田区、町工場の挑戦~』 細貝淳一 (朝日新聞出版)
  • 『世界最速の男をとらえろ 進化するスポーツ計時の驚くべき世界』 織田一朗 (相思社)
  • 『朝原宜治の最速メソッド』 朝原宜治 (エイ出版社) 
  • 『オリンピックの光と影』 結城和香子 (中央公論新社)
  • 『マラソンは上半身が9割』 細野史晃 (東邦出版)
  • 『マラソンと日本人』 武田薫 (朝日新聞出版)
  • 『マラソンは腹走りでサブ4&サブ3達成 砂田貴裕 (ソフトバンク新書)
  • 『背伸びランニング! 小島成久 (梓書院)
  • 『スペイン人はなぜ小さいのにサッカーが強いのか 村松尚登 (ソフトバンク新書)
  • 『夢をかなえる障害者アスリート:25%の機能を100%活かす』 永野朗・渡辺敦子 (新評論)
  • 『型破りマラソン攻略法』 岩本能史 (朝日新書)
  • 『GO WILD 野生の身体を取り戻せ!』 ジョンJレイティ・リチャードマニング (NHK出版)
  • 『求心力~第三のリーダーシップ~』 平尾誠二 (PHP新書)
  • 『鈍足だったら、速く走るな』 中竹竜二 (経済界)
  • 『逆転のメソッド』 原晋 (祥伝社新書)
  • 『勝ち続ける理由』 原晋 (祥伝社新書)
  • 『ウサインボルト自伝』 ウサインボルト著・生島淳訳 (集英社インターナショナル)
  • 『NATURAL BORN HEROES 人類が失った"野生"のスキルをめぐる冒険』 クリストファー・マクドゥーガル著、近藤隆文訳 (NHK出版)
  • 『ダウン・ザ・ライン』 稲垣康介 (著), 錦織 圭 (その他), 佐藤ひろし (写真) (朝日新聞出版)
  • 『ジョコビッチの生まれ変わる食事』 ノバク・ジョコビッチ (著), タカ大丸 (翻訳) (三五館)
  • 『スポーツアナウンサー 実況の真髄』 山本浩 (岩波新書)
  • 『イヤな気持ちは3秒で消せる』 西田一見 (現代書林)
  • 『錯覚の法則 成功者は脳をあっさりその気にさせる』 西田文郎 (大和書房)
  • 『地域スポーツクラブの法人格を取得しよう! 理想のクラブ運営ガイド』 谷塚哲 (カンゼン)
  • 『地域スポーツクラブのマネジメント クラブ設立から運営ガイドマニュアルまで』 谷塚哲 (カンゼン)
  • 『勝ち抜く力』 白鵬翔 (悟空出版)  
  • 陸上競技入門ブック 中長距離・駅伝』 両角速 (ベースボールマガジン社)
  • 『五郎丸日記』 小松成美 (実業之日本社)
  • 『スプリント力を上げる!つま先力トレーニング』 秋本真吾 (KADOKAWA)
  • 『逆境を笑え 野球小僧の壁に立ち向かう方法』 川﨑宗則 (文春文庫)
  • 『未到 ~奇跡の一年~』 岡崎慎司 (KKベストセラーズ)
  • 『勝つ人』 武井壮 (文藝春秋)
  • 『イチローの流儀』 小西慶三 (新潮文庫)
  • 『つらい痛みから解放される筋膜リリース・メソッド』 滝澤幸一(監修) (高橋書店)
  • 『サッカーと愛国』 清義明 (イースト・プレス)
  • 『マラソンランナー』 後藤正治 (文藝春秋)
  • 『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』 原晋・中野ジェームズ修一著 (徳間書店)
  • 『青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボールトレーニング』 原晋・中野ジェームズ修一著 (徳間書店)