紀行・エッセイ

  • 『旅する力〜深夜特急〜ノート』 沢木耕太郎 (新潮文庫)
  • 『探検家、36歳の憂鬱』 角幡唯介 (文芸春秋)
  • 『探検家の憂鬱』 角幡唯介 (文春文庫)
  • 『探検家の日々本本』 角幡唯介 (幻冬社)
  • 『武相荘のひとりごと』 牧山桂子 (世界文化社)
  • 『どちらとも言えません』 奥田英朗 (文芸春秋)
  • 『延長戦に入りました』 奥田英朗 (幻冬舎)
  • 『残るは食欲』 阿川佐和子 (新潮社)
  • 『旅をする木』 星野道夫 (文春文庫)
  • 『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』 村瀬秀信 (交通新聞社)
  • 『米国人一家、美味しい東京を食べ尽くす』 マシュー・アムスター=バートン (エクスナレッジ)
  • 『異国トーキョー漂流記』 高野秀行 (集英社文庫)
  • 『管見妄語~卑怯を映す鏡~』 藤原正彦 (新潮文庫)
  • 『3652』 伊坂幸太郎 (新潮文庫)
  • 『仙台ぐらし』 伊坂幸太郎 (集英社文庫)
  • 『中の人などいない: @NHK広報のツイートはなぜユルい?』 浅生鴨 (新潮文庫)
  • 『村上さんのところ』 村上春樹 (新潮社)
  • 『職業としての小説家』 村上春樹 (スイッチ・パブリッシング)
  • 『ウケる日記』 水野敬也 (文響社)
  • 『侏儒の言葉・文芸的な、余りに文芸的な』 芥川龍之介 (岩波文庫)
  • 『負けない力』 橋本治 (大和書房)
  • 『友だちリクエストの返事が来ない午後』 小田嶋隆 (太田出版
  • 『駅伝マン 日本を走ったイギリス人』 アダーナン・フィン (著), 濱野大道 (翻訳) (早川書房)
  • 『ブータン、これでいいのだ』 御手洗瑞子 (新潮社)
  • 『あたらしい登山案内』 ホシガラス山岳会 (パイインターナショナル)
  • 『櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている。』 村上龍 (KKベストセラーズ)
  • 『どちらとも言えません』 奥田英朗 (文藝春秋)
  • 『働く男』 星野源 (文春文庫)
  • 『鎌倉 のんで、食べる』 赤澤かおり (朝日新聞出版)